【テンポスバスターズ】飲食店を救う”ドクター”に密着!/ガイアの夜明け

ガイアの夜明け

5月30日東京豊洲

一軒の和食屋の前に寂しげに佇む男性が。

店の主、安東さんです。

新型コロナウイルスの影響で二ヶ月間営業を自粛してきましたが、この日ついに16年続けた店を閉める事にしたのです。

 

この店の狭さからだと行ったら売上は3分の1にしかならないなと。傷口が広がらない間に決断しました。

 

老舗割烹で魚の仕入れをしていた安東さんが52歳で始めた店。

 

馴染みの仲買からとびきりのネタを安く譲ってもらい料理の評判も上々でした。

常連客です。

どこに行ってもお店の味は食べられない?

終わりました

えー困る

 

やる気マンだったからね。食洗機や焼き台を替えたばっかりだったのにまったく参っちゃうよね。

昼過ぎ、買取業者が来てくれました。

使えそうなものには値が付きます。1年前購入したばかりの食洗機は

そうですね食洗機は7万円で引き取ってもらってますね

 

閉店、廃業するのも大変ですが、テンポスバスターズというこの業者。

値のつかないものまで持って行ってくれます。

この人達に密着すればコロナ禍の今がわかると思い、更について行くことに。

 

南青山の居酒屋この店も廃業を検討していました。

テンポスの査定担当者が年式や劣化の状態をチェックしていきます。

店主の富永さん6年前名古屋から上京し、憧れだったこの地に店を開きました。

富永さん「売上は10分の1。もう潰れるしかないのかなという

 

 

査定担当者「査定は凄く増えています。今日も査定3件、撤去2件やっているんで

厨房機器を満載したトラック。

更について行ってみると到着したのは千葉市にある巨大な倉庫。

廃業、閉店した店から買い取ったものがひっきりなしに運び込まれていました

 

前までは、シャッターからこっちはなかったんですけど、4月〜5月頃になって、ちょっと置ききれなくなって

倉庫内には、うず高く積まれた厨房機器が。

ピザが自慢の洋食屋に

学校帰りの学生で賑わったたこ焼き屋。

中にはこんなものまで。

海辺近くの食堂で置かれていたものでしょうか。

 

まるでそこは飲食店の墓場のようでした。

 

 

東京大田区にあるテンポスバスターズの本社

1997年創業従業員数およそ1700人。

厨房機器をリサイクルして販売。年商は290億円にのぼります。

5がつ初旬、ある取り組みが動き出していました。

社長の森下篤史さん。

新型コロナで飲食店がバタバタ倒れていくのを憂いていました

窮鼠猫を噛むだとか背水の陣だとかっていうけど、ほとんどの善良の普通の店主っていうのは窮鼠猫に噛まれて死ぬねほとんどが。

我々は緊急医療をやっている医療従事者だというつもりでいないとお客さんを救えないよ。

ありとあらゆることをできることをやるお金がかかってもやる。恩返しみたいなもの

 

そこで社長肝いりのチームが結成されました。

その名もドクターテンポス。

コロナから飲食店を救う舞台です。

スタッフが向かったのは、中品品売り場の一角に設けられた相談室。

 

次から次へと人がやってきます。

日本の飲食業界の今が見えてきます。

新型コロナウイルスでピンチの店。

店主と二人三脚で蘇らせることはできるのか

飲食店を救うドクターに密着します。

 

東京新宿区。

ここは全国に59箇所あるテンポスバスターズの売り場の一つ。

飲食店に必要なものはほとんど揃っています。

 

店舗の一角に作られた相談室に駆け込んでくる経営者達。

長年飲食店の開店と閉店を間近で見てきたテンポスの担当者たち。

その経験を活かし相談に乗ります。

 

今回のサポートは無料、

そこには森下社長のこんな狙いが

今までテンポスでは2店舗目3店舗目になるとうちは相手にされなくて、そのお客さんが来なくなっちゃうんだよね。

ノウハウのない単なる地サイクル屋だから。なにか困ったら「おいテンポス」と呼ばれる関係にならないといかんわね

 

プロジェクトリーダーの鬼頭一将さん。

この日も相談者が来るのを待っていました。

 

ちょっと変わった風貌の男性

「営業するな、頑張るな」ともうどうしていいかわからないんですよね。心が折れちゃって

まずは面倒な給付金の申請を一緒に。

しかしこの男性どんな店の男性なのか。実は三重苦。最悪の条件が揃った店だったのです。

新宿歌舞伎町。日本で一番コロナの逆風が吹き荒れる所。鬼頭さんが相談にのっていた、立花たくやさんの店は、まさにこの町にあります。

5月8日あかりが消えた雑居ビルその5階

しょうがないから2発目を張っています

緊急事態宣言が延長される中、営業を自粛していました。

 

スタジオひまわり。

カラオケスナックです。収容人数はおよそ20人

客同士方が触れ合うほど密な店です。

普段の営業時間は8時から朝方まで、チャージ料3000円で歌い放題。

芸能人や文化人にもひいきな客がいるといいます。

4月10日から営業を自粛。

収入は完全にたたれていました。

売上は3組くらい9万円くらい。

4月分の家賃や、カラオケリース料など55万円が未納のままです。

僕ら完全に夜の店なのでどうしようもないですよね。1円も入ってこないですよ。でも日々出ていくものはあるし

立花さん、若い頃はバンドを組み、メジャーデビューを目指していました。

しかし、儚く夢は破れ40台半ばに始めたこの店が今では生きがいになっていました。

店を守るためにはなんでもやる。

テンポスの鬼頭さんからアドバイスを受けたのが

家賃の交渉です

今ちょっと遅れてましてすいませんこの状況なんで、その後家賃とか安くなったりしないんですかね。しないんですか…

スタッフ「どのくらい持ちそうな感覚ですか?」

6月の第一週か第二週には壊れちゃうんじゃないかな自分が。店がもつもたないっていうよりも

 

5月15日

歌舞伎町にドクターテンポスのリーダー鬼頭さんの姿が。

立花さんの様子を見に来たのです。

歌舞伎町の3密の店をどう立て直すか会議が始まりました。

「頂くものは頂いてみたものの本当にお店の維持と生活」

「ただそれ頂いてみてからのこと考えられないよね。まだもらってないわけだから。同しようもないわけじゃん。国も都も口ばかりで」

「素直にぶつけて頂いたのが本音だと思うんですよね」

給付金の遅れで立花さん参っていました。

鬼頭さんそれを受け止めます。

「3密だっていわれている中でも密が一番濃い店になってしまうからこそ…」

今後店のスタイルを変えることも提案しますが…

 

「ナイトライフの店から業務形態の変化ってなんだろうって思うんですよね。」

立花さん。ひまわりがどんな店か鬼頭さんにも知ってもらいたいと

「うちの店ってね体験しないとわかんないんだよね」

実はこの店

立花さんが客のカラオケに合わせ、立花さんが生バンドをつけてくれるのです。

16年前の開業以来、リーマンショックや、東日本大震災の不景気も乗り切ってきました。

「めちゃくちゃ盛り上がるんじゃないですか」

「そうですね初めて来た人はびっくりしますよね」

「そこ推していきましょう。すぐ段取りします」

「食わず嫌いされたくないんです僕は」

サラリーマンにも人気だという事に納得

歌舞伎町の3密の店だからといって終わらせるわけにはいきません。

「人間だったらこのままだったら死んじゃいますと。なんとかします」

 

「新型コロナウイルスの影響で苦境に立たされている飲食店。まだまだ回復のきざしは見えません。

こちらを御覧ください。日本全国で倒産した企業の数を表すグラフです。

2008年と2009年が吐出しています。これは世界のほぼ全ての地域で、景気が後退したリーマンショックの影響で倒産した企業が1万件を超えました。

そして今年はコロナの影響で7年ぶりに1万件を超えるとの予測が出ています。リーマンショックのときと、今回と、何が違うかと言うと前者は資金繰りが苦しくなった「製造業の倒産」が相次ぎましたが今回は皆さんも御存知の通り、宿泊業やレジャー関連そして今取材している飲食業界が大きな打撃を受けているのです。

緊急事態宣言のもと、一般的な飲食店に対しては、休業要請は出ませんでしたが、人が出歩かない町で商売はなりたちません。

ガイアの夜明け。今回は「コロナ時代の飲食店のありかたとは」

模索を続けるあるお店と、それを支援する人達をおいました」

 

厨房機器リサイクルの最大手、テンポスバスターズ。

その相談室は、飲食店経営者の嘆きで、溢れていました。

コロナで追い詰められた店を助けるドクターテンポスの会議です。

「いま担当させてもらっているオーナーの立花さんというかたなんですけど」

リーダーの鬼頭さん、歌舞伎町の立花さんの案件をメンバーに相談します

「なんか歌舞伎町っていうのを逆に売りにできないか。防護服着る」とか絶対にクラスターを発生させない店」とか」

「大胆ですね」

次々とアイデアを出すのは品川絵美さん。

彼女もまた瀕死の飲食店と格闘中でした。

 

東京三軒茶屋

こだわりの飲食店が軒を連ねる都内屈指のグルメタウンです。

5月12日この地にのりこんできた品川さん。

「やっぱりどこもテイクアウトテイクアウトって、テイクアウトができるよって」

三軒茶屋でもコロナの影響で弁当を売る店があちこちで見られます。

この激戦区で品川さんに助けを求めてきたのがジョーズマン2号。

店主の高崎さんです。

「実際売上ってどういう感じですか」

「そうですね売上が前年比3〜4割くらいかなって感じですかね」

 

ここは創作料理が売りの居酒屋。備長炭で焼き上げる魚の串は評判の一品です。

東京都の要請を受け夜は休みに。収入は新たに始めた弁当の売上のみ。

この店は2階にあるため、客を呼び込めず苦戦していました。

「テイクアウトをもっとよくするためにはどうしたらいいか一緒に考えていきたいので」

今回飲食店をサポートするチームに、女性でただ一人選ばれれた品川さん。

幼い頃から人に食べさせる事が大好きでした。

一児の母になってもそれは変わりません。

「美味しいものが好きで、それを提供してくれる飲食店は大尊敬で。もっと利益が出たりもっとそこのお客さんが喜んでくれる方法があるんじゃないか」

 

5月中旬、品川さんがテンポスの新宿店にいました。

三軒茶屋の高崎産の店になにか役立つものはないか探しに来たのです。

目をつけたのは重箱。

それと可愛い小鉢。

「あけたときに「うわぁ」ってなってほしいんですよね」

品川さんテイクアウトに、会席料理風の弁当はどうかと考えたのです。

食卓に並べれば、ちょっとしたパーティ気分に。

テイクアウトは使い捨てのプラスチック容器が主流。

テンポスでも去年の15倍を売り上げる人気商品だといいます。

しかし、品川さんの狙いは家でも店の雰囲気が味わえる弁当です。

「テーブルコーディネートも含めてプロが本当に感じてほしいもの」が再現できるかなって」

品川さんもう一つ仕掛けていました。

突如銀髪の男性が高崎さんの店に。

近所で日本料理店を営む田嶋さんです。

銀座の和食店や海外で修行を積んだ田嶋さんが36歳のとき出した店。

産地にこだわった鮮魚の刺し身が売りです。

さらにもうひとり、近所のフレンチレストランの経営者亀谷さん。

あのミシュランガイドにも掲載されたオーナーシェフです。

特に出身地隠岐の島産の岩牡蠣を使った料理が自慢です。

 

品川さん、近所で評判のオーナーシェフを集め特製の懐石弁当をつくろうというのです。

さてプロの反応は。

「箱だけがいいです」

「割れてしまうし、それをお客様に請求するのも違う」

「5こ注文入ったときが重い」

「器を埋めるのが大変。お金がかかる」

懐石弁当は却下。しかし、すかさず次のアイデアを。

「例えばスタンプカードかラリーカードか何かしらあったほうがいいかなと考えたんですけど。」

すると店主たちは

「循環するほうが面白い」

「旅してほしい器が」

「何度も使われて返ってくる」

みんな乗り気ですこうして生まれたのが

プレミアム弁当プロジェクト。

客は月550円で会員になるとそれぞれの店で限定の特別弁当を購入出来るというものです。

客にあのお重をもって店を巡ってもらうことで、互いに新たな顧客を獲得できます。

これおが上手く行けば加盟店を増やす予定です。

「各お店に常連さんとかがいると思うのでお客さんをシェア出来ると一番理想的ですよね」

「そうですね。それぞれがその箱に詰めた思いと味を楽しんで下さいみたいなラリーだったらいいですよね」

 

6月3日

高崎さんのもとに、品川さんが厳選した弁当箱が届きました。

老舗割烹で使われていた漆塗りの重箱です。

店の生き残りをかけた弁当作り

高崎さん、ある思いを込めていました。

高崎さんの出身地は福島県双葉町。かつてそこでジョーズマンという居酒屋をやっていました。

しかしあの原発事故の影響で店を閉めざる負えなかったのです。

再起をかけ6年前に上京。

開いたのがジョーズマン2号でした。

「(飲食店に)華やかな時代がもう来ないかもしれないですけどでも続けていかないと華やかになる時代が来ないっていうか、次の世代に伝えていきたいと言うか。日本の飲食店はやっぱり素晴らしいと思うので。」

厳選した食材をふんだんに使った特製カツサンド弁当。

桜えびのオムレツや生ハムのアスパラ添えなど、10種のおかずで彩り豊かなお重に。

高崎さん。仕上げた弁当をもってやってきたのは近所の写真スタジオです。

行われていたのは弁当の撮影会です。

実はこれも品川さんのアイデア

特製弁当が出揃いました。

「みんな凄いですよね。ヤバいですよね」

「1っ子一個個性があっていい」

田嶋さんは海の幸と山の幸を詰め込んだ、季節の炊き込みご飯。

亀谷さんは隠岐の島産の鮮魚をふんだんに使ったフレンチ海鮮丼です。

値段はどれも共通で、3240円

豪華でボリューム感たっぷり。会費を払う価値はありそうです。

早速品川さん。

その写真をつかってホームページを作っていきます。

 

出来上がった特製弁当の予約サイト。

それぞれの店の特徴と、食欲をそそる写真が並んでいます。

更に思わぬ展開が待っていました。

 

やってきたのは三軒茶屋からほど近い下北沢の上の広場。ここは小田急電鉄が去年オープンした施設。

地域を活性化させるために活用してほしいと今回無償で貸し出してくれたのです。

 

「コロナの影響で外での飲食が定着すると思う」

狙うのは新たな時代の飲食文化です。

 

6月19日

田島さんはこの日、初めて注文をうけて弁当を作っていました。

予約してくれたのは田嶋さんの店の常連である二人。

どうせならとあの広場で会食です。

「器がいいと料理がおいしいからまずそれが一番だよ」

「特別な日みたいだよ」

「プラスチックだとゴミを沢山出すことになるじゃないですか。こういう取り組みは凄くいいかもしれない」更に二人がその足で向かったのが高崎さんの店。

重箱を返すついでに、店の予約をしてくれました。

 

「17時じゃあそれで」

高崎さん、狙い通り、新たな顧客を獲得しました。

コロナ時代のテイクアウト品川さん更なる広がりを期待しています。

「この街から出発して色々な場所でできる形が作れるようにやっていきます」

 

同じ頃テンポス新宿店

閉店の相談があとを絶ちません。

その一方で店を開店したいという人も。

「オープンする理由っていうのは」

「これから店がなくなっちゃうでしょ多分お店が。だからチャンスだなと。一気にいこうと思って。今まで入りたかった箱が空くわけですから」

 

この人も定食屋のオープンを控えていました。

「これからやる人間なんで、まあやり方次第かなっていう感じですかね」

岡田さんが6月16日に開いた店

覗いてみると初日から繁盛していました。

今だからこその様々な工夫が。

テーブルの下のケース。入っているのは一人分の食器。

他の人が触れることがなく安心です。

そしてメニュースタンドを衝立代わりに使っています。

「普段気になるところなので、正直ありがたいですね」

ピンチのときこそチャンスでもあるわけです。

 

一方新宿歌舞伎町。

ここは相変わらず人通りがありません。

あのカラオケスナックの店主立花さん。

もう限界ギリギリです。

 

「新型コロナウイルスの感染を防ぐため、今あらゆる場面でソーシャルディスタンスを取ることが求められています。そんな中世界各地でコロナ時代に対応した新しい外食スタイルが誕生しています。

こちらのオランダのレストランではガラス張りの個室を屋外に設置。

安全なだけではなく、運河沿いにあるため、眺めもいいようです。」

 

「そしてフランスパリのお店では、このようなカプセル型のシールドを試験的に導入。

発案したデザイナーがSNSに投稿したところ、世界中から問い合わせが殺到しているといいます。なんだかちょっと近未来的な感じもしますけれども。そしてこちらはアメリカ。こんなテーブルが誕生しています。

浮き輪のように膨らんだゴムチューブが巻き付けられており、互いに近づくことができなくなっています。

どれもアイデアあふれるものですが日本の狭い店舗に取り入れるのが難しそうですよね。

そんな中テンポスバスターズはどんな策を講じるのでしょうか。」

 

5月下旬、人通りがない新宿歌舞伎町。

深夜営業のカラオケスナックひまわり

鬼頭さん週に3回は足を運ぶようになっていました。立花さんの愚痴を聞くのも仕事です。

「これでまた第二波がきてレインボーブリッジが赤くつけられて「自粛しろ」なんて言われたら死んじゃいますよ本当に。」

鬼頭さん店を宣伝するため、店のホームページ作成を提案。

まずはキャッチコピーを考えます、

「アメージングスナック」も言葉としては「おっ」となるんですけど、わかりやすいほうがいいと思うんですよね」

「アメージングカラオケ」

「アメージングカラオケってわかんないもんね意味が。」

袋小路に入っていました。

 

この日の夕方会社に戻った鬼頭さん。

ひまわりのホームページの作成を始めていました。

長い間夢を持って開店する店主の世話をしてきた鬼頭さん。悔しい思いも。

「そのお客さまたちが「頑張ってるよー」と言われていたのもつかの間、「閉店する」と言われて厨房機器せっかく入れてもらったけれどもその厨房機器を引き上げてくれたら「買取はいくら?」と聞かれるのが嫌だった」

この歌舞伎町の案件。何が何でもと思っています。

 

一方立花さん無収入になって2ヶ月目

商売仲間のことも気になっていました。

「給付金が入った。ちょっとここで一段落」

「それでも2ヶ月分もっていかれちゃうけどね」

「うちももうここ無理。家賃」

「だから国の減額補助が出るまで待つしか無い。」

「私ら何を言われても」

「俺だってわからないよ似たようなもんだから。だって還暦だよもう」

「還暦でも色々やってるから私らジジババでもう全然。しょうがないよ」

「また!おつかれ」

「コロナになってから「どう?」って来てくれて「頑張ろう」と言って色々教えてくれて覗いてくれるからね」

 

6月2日

東京アラートが発令

立花さんも手を拱いていた訳ではありません。

この日仕掛けるのはボーカルを呼んでのネット配信。

見ている人から1500円の視聴料をもらおうというのです。

原田千栄さん。

アニメソング好きにはちょっと知られた人物です。

立花さんのピンチに駆けつけてくれました。

「皆さんのご支援、お力が必要です。」

「潰すわけにはいかんのです」

すると常連客からは「財布の準備は出来てるぜ」

この日はアニメソングまつり。

鬼頭さんも駆けつけていました。実はこの店もともとアニメ好きやプロレスファンなど、様々な趣味をもつ人たちが集まっていたのです。

鬼頭さんそこにヒントを見出していました。

この日は7人が視聴してくれ、わずかながらも久しぶりの収入です。

すると

ちょっといい案を思いついたので

一体どんなアイデアをひらめいたのか

 

6月中旬歌舞伎町

立花さんが店をあける準備をしていました。

再開を決めたのです。

ただし、営業時間は夕方6時から10時までの4時間

「最近ねこれがね」

早速常連客がきてくれました

「心を繋がなきゃろ思って。一番はそこ。」

カラオケは当分の間自粛ですが立花さんたちの生演奏は聞くことができます。

好きな曲をリクエストしてもらい酒を飲みながら楽しんでもらおうというのです。

「歌がないのが寂しいよねやっぱり歌声が聞こえたほうが楽しいよね」

「夜明け前です」

「そうだねヨガ明けないよね長い夜が。未だに長い夜が明けない。」

 

6月17日テンポスバスターズ新宿店

新たな店作りの提案

「街コンっていうところに突破口があるんじゃないかなというふに思っていて

(ひまわりが)大好きな人が出会ったり共通の趣味を持つ人がであったらこんなにおもしろいことはないんじゃないかなときっとなるなと。

どれが当たるかなんてもうわかんない」

 

「そうそう昔はね二兎を追うものは…と言ってたけど今は二兎もさんとも追っていかないと」

「盛り上がることは間違いないですよ」

 

6月19日飲食店の休業要請は全面解除に

「安心して楽しめる」店を目指して

「まだまだ半人前ですがお客様と一緒に解決して少しでも恩返しができればそれはありがたいことだなと思っています」

 

番組情報

コメント